りぷらすのブログ

ありたい暮らしの実現のために

半年ぶりの帰省をして、祖父の変化に驚きました。

親と離れて暮らしていると、仕事や家庭が忙しく、
なかなか実家に帰れない方もいらっしゃると思います。

久しぶりに実家に帰って、家族と会った時に「健康」のことや
「生活」のことで心配になったことはありませんか?

例えば

  • 『お墓参りに行くのが大変そう』
  • 『家に閉じこもり気味になっている』
  • 『家の管理や掃除ができていない気がする』
  • 『最近、物忘れが増えたかも』
  • 『なんとなく違和感がある』etc…

そんな変化を感じても、『まあ、まだ大丈夫だろう』と思いがちです。

もしかしたら、その中に大事なサインが隠れているかもしれません。
その小さなサインに気づくことで、「変化を遅くすること」や
「これからの生活の準備」に繋がるかもしれません。

帰省して驚いた「祖父の変化」

実はこの記事を書いている私自身、この12月に島根県の実家に
半年ぶりの帰省をしてきました。

88歳になる祖父に会って話をすると、
「車の運転は危ないからやめた」
「身体が弱って腰がすぐ痛くなるようになった」

という声がありました。

f:id:replus:20181225114904j:plain

「いつまでも元気なおじいちゃん」と思っていたので、
祖父の変化に「驚く」と同時に少し「心配」になりました。

ただ、これを機に祖父と同居している親や兄とも今後について
作戦を考えるいい機会
になりました。

話せることの大切さ

改めて実感したのは、久しぶりに会った時の家族の変化に気づいたときに、
不安を話せたり、今後に向けた作戦を考えられることの大切さです。

特に、専門的な知識を持っている人が関わることの重要性も
自分自身が感じたところです。

この年末年始に帰省される皆さんも、ぜひ「親御さんの様子」や
家族の声」に目や耳を傾けてみてください。

「りぷらす」では、その変化に気づいた方のお話を聞き、今後の見通しを
一緒に立てるためのお手伝いを始めます。

「小さな気づき」から、「福祉や医療の専門家」と一緒に準備を始める
『帰省オンライン相談』

一緒に、自分と親(家族)の心配事を整理してみませんか?

どう話せば良いか分からない状態でも大丈夫です。

 

落合孝行(社会福祉士介護福祉士

 

 

帰省の前の、帰省の後の「帰省オンライン相談」を行います。 - りぷらすのブログ

replus.hatenablog.jp