りぷらすのブログ

ありたい暮らしの実現のために

“介護からの卒業”を目指した地域での支援 ー千葉絵理加さんに聞く

本日は、2020年秋からりぷらすで働かれている看護師の千葉絵理加さんにお話を伺いました。千葉さんが看護師を目指したきっかけやこれまでの歩み、また、りぷらすで働く中で印象に残っていることや自身の変化に関する話から “リハビリ特化型デイサービスで働く看護師”の魅力を探ります。

【インタビュアー_河村由実子】

f:id:replus:20210730155321j:plain

きっかけは大好きな祖父を看取った経験から

——千葉さんが看護師を目指されたきっかけや、これまでのあゆみを教えてください。
 
看護師になりたいと思ったのは、一緒に住んでいた祖父がきっかけです。祖父は呼吸器系の病気を患っており、物心ついた頃からよく病院へ通っていました。

そこでケアをしてくれた看護師さんに憧れを抱き、私も “おじいちゃんをよくしたい” という想いから看護師養成校へ進学しました。

祖父の体調は次第に悪化し、私が学校に通い始め1年が経った頃、最期の期間を自宅で過ごすことが決まりました。大好きな祖父の最期にしっかりと関わりたいという想いから1年間休学することを選び、祖父のケアにあたりました。

そして、休学からちょうど1年が経とうとした頃、自宅で最期を看取りました。その後は学業にもさらに力が入り、看取りの看護に関わりたいと思うようになりました。

最初の就職先は、看取りのできる有料老人ホームを選びました。ここには要支援1から亡くなる方までが入所しています。働く中で老人看護に興味を持つようになった私は、看取りに関わることにやりがいをもって働いていました。

その後、結婚して子どもができて、現在は5児の母として働きながら仕事に励んでいます。働き方の観点から、外来ナースも数年間経験しました。


——りぷらすで働こうと思ったきっかけはなんだったのでしょうか。

私の親世代はちょうど定年を迎える年齢なのですが、同級生と話をしていると60歳くらいを皮切りにいわゆる元気な人とそうではない人に分かれることに気が付きました。また、前の職場は整形外科もあるクリニックだったのですが、そこの待合室は患者さんたちの憩いの場的存在になっていました。

今後、医療費はどんどんと削減される中で、この方達の行き場はなくなってしまうのではないかと心配になりました。そこで、そういった方を対象としたリハビリ特化型のデイサービスを作りたいなと考えるようになります。

いろいろ調べていたら、りぷらすの代表である橋本さんの記事をたまたま見つけました。地元でありたい暮らしやその人らしさを支援するという事にとても魅力を感じました。また、『卒業できるデイサービス』というのにも惹かれました。自分自身、介護から卒業できるなど思ってもいなかったからです。

職業柄、病症を見る癖がある私にとって、その人の生活背景やありたい暮らし、ありたい姿について真剣に向き合うということは新鮮でした。実際に橋本さんの話を聞いて、ぜひここで働き学んでいきたいなと思いました。

f:id:replus:20210730155355j:plain

介護に関するイメージが激変!

——実際にりぷらすで働き始めて、印象に残っている出来事や自身の中で変化したことについて教えてください。

介護に対するイメージが変わりました。一番はじめに、デイサービスに自分で来る人を見た時はとても驚きました。「自分で車を運転して来るんだ、、!」って。一見元気な人でも、何かしらの悩みやできないこと、こうなりたい姿というのがあってここに通ってきているのだと改めて感じました。ありたい姿は、人それぞれに違うんですよね。


——働く中で大変だったことや、やりがいを感じた瞬間があれば教えてください。

リハビリ領域の看護師として働いてみて、改めてその奥深さを感じました。ありたい暮らし、ありたい姿の支援って、口で言うほど簡単ではありませんでした。

これまで、ケアすることを主の仕事内容としていたため、手を出さないということが最初は難しかったです。ついつい介助したくなってしまうので、しっかりと待つということを心がけています。また、リハビリ計画書の活動と参加の部分がうまく書けず、悩むこともありました。

一方で、利用者さんの「これができるようになった」という変化を感じられた時はとても嬉しいです。例えば、昔は使っていた杖を今は使わなくても歩けるようになったとか、草取りができるようになったとか。毎月行う体力測定でも、利用者さんの変化を数値で見ることができて、改めて「介護でよくなる」ということを実感します。

f:id:replus:20210730155420j:plain



5児の育児と仕事の両立

——5児の母として仕事と家庭を両立されている千葉さんですが、りぷらすでの働き方はいかがですか?

子どものことで気を使っていたことが軽減しました。子育て中だと、どうしても周りスタッフに急に迷惑をかけてしまうことが生じてしまうのですが、そんな時、りぷらすには家庭を大事にする文化があるためとても助かっています。

子どもが5人いても正職員で働けるって、すごくありがたいことだなと思っています。どっちかに迷惑がかかるなど、これまで仕事と育児の両立は難しいなと感じていたのですが、今は子育てにも仕事に対しても、前向きに一生懸命取り組めることができています。

 

f:id:replus:20210730155425j:plain




以上、本日は2020年秋からりぷらすで働かれている看護師の千葉絵理加さんにお話を伺いました。千葉さんの今後のさらなるご活躍を心より楽しみにしています。


【取材・文・撮影=河村由実子】