りぷらすのブログ

ありたい暮らしの実現のために

りぷらすスタッフ紹介【近藤風音さん】

こんにちは。事務局の鈴木です。
りぷらすには、現在スタッフが14名いますが、出身地は地元石巻・登米以外に県外出身者も多く在籍している職場でもあります。

今回はりぷらすで働くスタッフの紹介も兼ねて
登米店で「生活相談員」を担当している「近藤風音(かざね)」さんに
出身地のこと、りぷらす入職のことなど、諸々インタビューしてみました。

f:id:replus:20190909114848j:plain

Q1:出身地はどちらですか?

北海道、道東の北見市に近い置戸町(おけとちょう)という人口2,800人程の町です。農業や林業が主な産業のため、様々な野菜や木材を生かした木工工芸品「オケクラフト」の生産が盛んです。緑豊かで水が美味しい町です

 

Q2:北海道から宮城県に来たわけですが、その印象はいかがですか?

気候も温暖(北海道と比較すると雪が少ない!)でとても住みやすいです。
登米は東北の歴史や文化を日々体感できる場所だと思います。
地元の方も優しく温かく、郷土料理や地元の特産品なども様々あり、食べ物も美味しいです。中でも、油ふ丼、はっと汁、お餅が美味しいです!


Q3:りぷらすでは「生活相談員」をされていますが、その仕事を選んだ理由を教えて下さい

高校時代にボランティア活動をしたことがキッカケとなり、大学では4年間、社会福祉(地域福祉を集中的に専攻)を学びました。学んだことを活かしながら、生活相談員として地域の方のお役に立てればと思いました。
大学卒業後、北海道の社会福祉協議会のデイサービスでの生活相談員として2年経験を積ませていただきました。

 

Q4:地元北海道で仕事をされていたわけですが、県外の「りぷらす」に何故、求職されたのでしょうか?

札幌での在職時、知人から「りぷらす」の話を聞いて、その方針に魅力を感じたのが直接的な動機です。(現場で、現実の限界を感じていました)
ありたい暮らしの実現のために「介護からの卒業や良くなるためのリハビリに取り組んでいる」ということに一番の魅力を感じました。
北海道外で色々な経験をしたかったこともあります。


Q5:日々の仕事で心がけていることはありますか?

第一に、利用者さんが「笑顔で過ごしていただけるように」と考え仕事をしています。
利用されている方に、何をしたいか、何を本人が望んでいるか、を丁寧に聞くことを心がけ、最終的に笑顔で過ごしていただけることに繋がっていけばよいな、という思いもあります。

また、自分自身のプライベートの時間も大切にし、気分転換の時間をつくることで日々の仕事に集中して取り組めるように心掛けています。


f:id:replus:20190909115029j:plain



Q6:りぷらすで仕事をしてきて、最も印象に残っているエピソードはありますか?

前向きな形で卒業出来た方のことは強く印象に残りますが、やりたかったことが出来るようになった、と話して下さる方の姿を見たときです。
最近では、りぷらすのブログにも投稿した「温泉に入れたよ」のKさん。
https://replus.hatenablog.jp/entry/2019/06/25/100755
Kさんはその後、外出意欲が沸き、外出回数が増えたと聞いて、更に嬉しくなりました。

 

Q7:これまでの仕事との違いを感じている部分があったら教えて下さい。

日々の業務の中でも様々な変化へ対応する柔軟性が必要ですが、とてもやりがいを感じています。新しいことや何かにチャレンジしようとしている職員も多く、日々働きながら刺激をもらえます。りぷらす自体が常に変化していること、新たなチャレンジをしているところが良いなぁと思っています。

 

Q8:りぷらすの雰囲気はどうですか?

上司に言いやすい、相談しやすい、形式ばってない雰囲気が良いです。意見を積極的に求められ、実践することも求められますが、より良い職場環境になるように職員全員で取り組んでいくという雰囲気があります。


f:id:replus:20190909115117j:plain

 

Q9:これからの目標を教えて下さい(仕事、プライベートどちらでも!)

仕事に於いては、今後も日々の業務を振り返りながら、より成長していきたいです。効率よく業務をこなしつつ、利用者さんに集中し、丁寧に接していきたい。職員同士のコミュニケーションも高めていきたいです。
プライベートでは、入職時より体力がついてきたので(笑)東北を回ってみたい。美術館巡りもしたいですね。


Q10:りぷらす入職希望の方へメッセージを一言!お願いします。

一緒に考えて、一緒に職場を盛り上げ&盛り上がってくれる人、お待ちしております!

 

 一般社団法人りぷらす 採用ご案内ページ

 

replus.hatenablog.jp

 

 

replus.hatenablog.jp